富山の実家を建て替え注文住宅で新築することにしました

富山の実家を建て替え注文住宅で新築することにしました

結婚を期に、地元である富山で注文住宅が建てられるハウスメーカーを紹介してもらい、実家を立て直すことにしました。

最初は富山の建売住宅から条件に合ったものを探すつもりだったのですが、これからの家族計画のことを考えて間取りや設計をいちから細かにこだわっていきたいと考えて、思い切って注文住宅を選択しました。

元々実家がある場所に建てるので土地探しからしなくてはいけないというわけでないというのも、注文住宅にする決心がついた理由のひとつです。

とはいえ、やはり自分の理想の家を作るとなると、幾度となく家族とも業者さんとも話し合いや確認の為の時間を設けなくてはいけなかったのでしばらくは週末も休みがありませんでした。

ただ、やはりこの先住む大事な家のことなので妥協はしたくありません。

注文住宅設計施工に関する知識はほとんど無いので、希望を伝える際にも伝わりにくい説明だったと思いますが根気よく丁寧に付き合ってくださったハウスメーカーの担当さんには感謝しています。

富山の工務店で働いていた経験を活かし注文住宅のマイホームを

結婚当初から高めに設定してコツコツと夫婦で貯金していたマイホーム資金が貯まって実際に自分が家を建てるという立場になった時、富山の注文住宅の工務店で事務のアルバイトをしていた経験が役立ちました。

まず、具体的にどんな家に住みたいかを夫婦で意見し合ったのですが、建売と注文住宅のメリット・デメリットは一般的な知識としてみんながわかっているのではないので、私の知識を活かし予算や土地の問題などで私たちが家を建てるならどちらに向いているかを考えました。

富山の注文住宅ガイド

結果、自宅を事務所と兼ねたいという主人の希望に対応する間取りと設備を考慮したことと、土地の問題はクリアしていたので予算内で注文住宅にしようと決めました。

ある程度夫婦の意見が固まったところで、既に家を建てた友人の意見なども参考にして、丁寧に対応してくれる富山のハウスメーカーさんにお願いすることになりました。

まだまだこれからが大変ですが、家を建てるというのは夫婦の夢だったので理想の家が建つのが楽しみです。